読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らずらいとー!

まほいくを中心に好きなことを好きなように書いて行きます!

【2017.03.04】魔法少女育成計画キャラクターソングLive「MusicaMagica」③

昼公演ラストの更新です。たぶん。。

 

7.Purest

こちらも奈落からのせり上がりからスタート。あやねるに引き続いて小林ゆうさんもカッコいい系の衣装で登場。おとなしい曲なのでダンスもほぼない感じです。

とにかく二人で見つめ合って、近づいてウィンタープリズンがナナさんを後ろから抱きしめているという印象でした。

はやみんはやっぱり歌がうまいなぁと感じさせる1曲。他の魔法少女は尖っている曲が多い中、森の音楽家クラムベリーと合わせて落ち着いてる数少ない曲です。

ねむりんもおとなしいんですけど、らしさが良く出ていると思うので別枠って感じがします。原作準拠のシスターナナであればもっと怪しい歌詞が登場していると思うのですが、アニメではあまり表現されていなかったので曲もアニメ準拠ですかね。

 

8.魔法少女は嗤う

椎名林檎を意識した曲調ということで、なるほど言われればって感じですね。

新井さんがライブイベントで歌唱するのが初めてということもあり、ダンスも控えめです。その中でも印象に残ったのは「愛情?友情?そんな話なんて聞いちゃいないの」というところで、手を顔の前に持っていき、片方ずつ外側を向くしぐさが二人ともばっちり揃っていて印象的でした。控えめの中でも喜久子さんはやっぱり踊り慣れしている感じがして、衣装も着慣れている感がにじみ出ていましたね。さすが17歳(おいおい

もう1つよく覚えているのが、新井さんの猫背ですw

僕も人のことを言えた義理じゃないのですが、登場したときにめちゃくちゃ猫背で笑いましたw

 

9.孤独な森のメロディー

ラスボスの登場です。コスプレはNGとのことだったので、クラムベリーの要素は手に持った薔薇と、衣装さんの機転で直接衣装につけた薔薇です。

この機転が結果的にとてもよかったです。手に薔薇を持っているだけではちょっと他のキャストさんの衣装よりもクラムベリー感が感じられなくなってしまいそうなので。

姉貴があまり動かなかったこともあり、モニターに映るクラムベリーの活躍(主にウィンタープリズン戦)を眺められたのですが、よく見ると動き可愛いですね。壁の連作で高く持ち上げられた後の着地、からの左右の確認など戦闘なれしている感じが表現されているのですが、動きが動物っぽくて(特に着地が猫の着地っぽい)萌えました。

クラムベリーとカラミティ・メアリの2大モンスターはアニメではポンコツ可愛い感じがしますよね。そこが原作にない魅力だと思います。まあ原作のクラムベリーの方が好きなんですけどね。魔王塾関係者(パム、袋井魔梨華)が絡んだ時がとても魅力的です。

 

▼アダルトチームトークパー

早見さんを除いてお姉さんチームということらしいです。

イベントに行かれる方はお察しの通り、小林ゆうさんの暴走によりシスターナナの持ち上げがひたすら行われだいぶ時間を使いましたw

他にあった話としては、喜久子さんのスカートの切れ目や新井さんのスカートの切れ目の話。しかも新井さんに限って言えば自分で切れ目めくって下に茶色い短パン?をはいていることをアピールしまくってました。何の話なのこれw

早見さんはシスター的な衣装(残念ながらシスターナナのようなスリットはありませんでした)で、ロザリオをぶら下げており、こちらも衣装さんの機転でロングスカートの裾に銀のがらをプリントしてもらったということで、それがとても合っていました。

ここでも愛を感じられてよかったポイントです。

 

10.DREAM CATCHER

アダルトチームのトーク終わりでまだまだライブ続きますという感じだったので、予想はしていたのですが、それでもやはり生のDREAM CATCHERは素晴らしかったですね。毎回アニメの引きが原作を知っていても気になる終わらせ方をしていて、そこからすぐにEDに入っていくのでよく耳に残るんですよね。それぞれ目を閉じて安らかな顔をしている魔法少女の絵がすごくかわいくて、本編でどんなに印象が悪くてもこの絵だけで許される感じがします。ねむりんめちゃくちゃ可愛いし、ルーラさまのポーズも好きです。という相乗効果もあり、もちろん曲が良いので出た瞬間にウォーって叫んでいましたw 歌い終わりすっとはけていく姿がとてもかっこよかったです。

 

▼全員揃ってのトークパート

キャスト陣が全員揃いました。
ちなみに並び順は、花守さん⇒日笠さん⇒あやねる⇒新井さん⇒松田颯水さん⇒小林ゆうさん⇒はやみん⇒喜久子さん⇒ゆみたさん⇒日高さん⇒松田利冴さん⇒緒方の兄貴⇒西さん⇒いのすけ⇒ぬー⇒奈央ぼうの順番です。
気づく人は気づくかもしれませんね。ヒントはなぜ花守さんが最初にいるかということです。
奈央ぼうも言っていましたが、本編では1度も16人の魔法少女が揃うことがなかったので、感無量でしたね。16人って結構な数のはずなんですけど本編ではその多さってあんまり感じないですよね。不思議な感じです。
ここであやねるから日笠さんが疲れていることが暴露されます。そりゃ朝9時からはっちゃけていたら疲れますね。もう歳ry
ちなみに、そのあやねるも立ち寝をしていたとのことで本人も否定していなかったので、事実でしょうね。売れっ子ですから疲れているでしょう。
ここで1つ名言が生まれます。twitterとかですでに拡散されていますが、日笠さんのトークの番になり、あんなに強そうにしていたルーラがまさか2番目に死ぬと思っていなかったという話をしている時の出来事です。
ふと、スイムスイムがどこにいるかという話になり、ずっと右の方を見ているとなんと右から3番目にいるじゃありませんか。そこでのいのすけの発言が「見て私が殆ど全部殺ったんだよ」と笑顔で言ったわけですよw ※一言一句間違えておりません。
そりゃ会場がどっと沸きますよね。昼の部最大の名言でしたねw そして、その後ぬーさんの「そして、私が始末をつけました」

うん。魔法少女を題材にした今を時めく声優さんのイベントによく似合う発言ですね!!放送当時はいのすけはラジオやニコ生などでスイムの行いに心が痛い、反省していますなど精神的にきているような発言をしていましたが、どうも吹っ切れたみたいです。よかったよかった。
一人一人のトーク内容を書いていると力尽きそうなので、全体トークパートは夜の部で頑張りたいと思います。とにかく、いのすけの殆ど殺った発言を伝えたかったですwすごくいい笑顔でした!

読んでくれている方がいるとは思っていませんが、リクエストがあれば昼の部の一人一人の詳細は覚えている限り書いて行こうかなとは思います。

 

てなわけで昼の部感想&レポート終了です。

夜の部につづく。